130926_1523~01.jpg

13号でメーターを組み立てた。
文字盤やら針やら、全てバラバラなパーツを組み立てたものなので、針は任意の場所を指す事ができるし、照明も点くようになる。
とても手が込んでいる。
その代わりかなり細かい作業なので、目が悪い人や不器用な人は苦労するだろう。

デアゴスティーニからカウンタックが発売されたらしいが、パーツの組み立てではなく「パーツの確認だけ」の号があるという。
ハヤブサではそんなインチキな事は無いと信じているが・・・