バッテリーの充電も済み、SDカードのフォーマットも終わった。
準備万端、いつでも撮影可能だ。
しかし、説明書を全部読む時間がなかったので、基本的な事しかわからない。
とりあえずPオートでカメラ任せだ。

で、栄えある一枚目はやはり・・・

20150210_052.JPG

をやまん専属モデルのしぃくん。
こちらを振り向いてくれたものの、逆光で失敗・・・

 

猫がたくさんいるという、地元の某公園に行ってみた。

早速・・・

20150210_053.JPG

のっしのっしとこちらに近付いてくる・・・
「なんだ?てめぇ、見ないツラだな」
って言いたそうだけど・・・

20150210_054.JPG

とってもカワイイ顔をしている。

20150210_055.JPG

この後、獲物を狙うような仕草を見せてどこかに行ってしまった。

公園内を少し歩き回ってみたが、結局他の猫は見つからず・・・
時間帯が悪かったのだろうか?
また出直してこよう。

 

帰りがけにカメラバッグとブロワを買ってきた。

IMG_0291.JPG

これ一台と小物を入れて持ち運ぶには丁度いい大きさだ。

IMG_0290.JPG

う~ん、いいねぇ~

まだ撮り足りないので、もう一度専属モデルに頼もう。

20150210_056.JPG

20150210_057.JPG

20150210_058.JPG

ぐっすりとオヤスミ中でした・・・

 

少しだけ使ってみた感想。
コンデジに比べると重たいが、苦になる重さではないし、何よりも操作性が比べ物にならない。
例えば設定を替えるにしても・・・

コンデジの場合
ボタンが少なくて一見シンプルだが、少ないボタンにたくさんの機能が割り振られているので、目的の項目や設定に辿り着くのに何度も同じボタンを押さなければならない事が多い。
非常に手間がかかる。

一眼レフの場合
ボタンやダイヤルがたくさんあってそれぞれに機能が割り振られているので、目的の項目や設定に一発で辿り着く。

他にも、ファインダーだと被写体が捉えやすいし、日光で液晶が見えないなんて事もない。
おまけに、顔と両手の三点でがっちりホールド出来るので、コンデジのようにカメラを持つ手がプルプルと震える事も殆どない。
断言できるが、一眼レフはコンデジよりも楽だ。
初心者こそ、高機能のイイ物を使うべきだと感じた。

元々写真を撮るのは好きな方ではあったが、更に好きになった。
道具はそれなりにイイ物を揃えたし、あとは腕が追いつくように勉強しないと・・・