居間の掛け時計が動かなくなった。
と言っても電池が切れただけなのだが、液漏れで青緑色の粉というかサビのようなものが付着している。
100均の安物中華電池ではよくある事だが、これを機に新しい掛け時計にした。

IMG_0277.JPG

以前のは文字盤がガラスで針がメッキだったので、蛍光灯の光が反射して見づらかった。
その反省を踏まえ、今度は見易さを重視して選んだ。

IMG_0278.JPG

やはりシンプルなのが一番だ。
文字盤や針が反射する事も無く、どの角度からでも容易に時間を確認できる。

メーカーは、信頼のSEIKO。
ぶっちゃけどこのメーカーでも良かったのだが、たまたま気に入ったデザインのものがあったので。
今流行の(?)電波時計にしたが、鉄骨の所為なのか電波を拾わない。
狂ったら直せばいいだけだし、特に問題にはならない。