写真を撮る時に、マニュアルフォーカスでピントを合わせることが多いのだが、最近どうも合わせづらい。
そして、ジャスピン率も低い。
老眼のせいなのか・・・?腕が悪いのか・・・?
で、今更ながら、D7100の視度調整をしてみた。
視度調整は、買った時の日付設定と同じレベルで初期に設定するものらしいが、デフォルトの位置でもクッキリ見えていたので手付かずであった。

方法は、ピントを大きく外してぼかしてから、ファインダー内のフォーカスポイントやグリッドラインがクッキリハッキリ見えるように、ファインダーの右にある小さいダイヤルを回して調整。
カメラを白い壁などに向けておくと合わせ易いようだ。

色々と弄ってみた結果、俺の場合はデフォルトの位置(0)か-方向に1クリック(-0.5)でクッキリと見える。
どちらかに決めなければならないが、どちらもクッキリ見えるような感じでなかなか決まらない。
0でも問題なさそうだし、-0.5の方がフォーカスポイントやグリッドラインがシャープになるようにも感じる。
そのうち眼が疲れてきてどっちでも良くなってきた・・・
ここまで来るともう投げやりだが、今までとの違いを見る意味で、しばらくは-0.5で様子を見ることに決定。
これでMFでのジャスピン率が上がればいいのだが・・・

更にピントを合わせ易くするために、マグニファイングアイピースというファインダー像を拡大するパーツの導入も検討中。
だったら、いっその事フルサイズ機に・・・
カメラ屋で覗いたD750のファインダー像の大きさと見易さには素直に感動。
フルサイズへの憧れはあるが、D7100も気に入っているし、フルサイズの利点である広角側も高感度も、今現在では必要ない・・・というか、金銭的な理由の方が大きいかも・・・
フルサイズへの乗り換えは、老眼が進んでどうしようもなくなってからかな?