以前にバイクのバッテリー上がりで痛い目にあったので、今はジャンプスターターを常備している。
使うことがなければ万々歳だが、今日ついに使う時が来た!

体の調子を崩していたので、数ヵ月ぶりのバイク通勤。
22時に仕事が終わったのだが、気温はわからないけど雪が降りそうな冷たい空気だ。
掛かってくれ~と思いながらセルを回す事数回・・・
5回、6回、7回・・・
一向にエンジンが掛かる気配はなく、セルの回りも弱々しくなってきた。
このままではバッテリーが死んでしまう・・・
そこでジャンプスターターの登場だ。
D750_160223_130717
D750_160223_130600
こんな時のために買っておいたデイトナのコンパクトジャンプスターター。
年末に再充電してあるので、容量は十分なはずだ。
一応インジケーターで確認してみたが、ほぼ満充電。
ブースターケーブルをバッテリーに繋ぎ、本体に接続。
祈る気持ちでセルを回した所、一発始動であった。

「開いてて良かった」ではないが、「あって良かった」ジャンプスターター。
D750_160223_130906
このようにコンパクトなので、無理にでもシート下にスペースを取って、是非とも常備しておきたいグッズだ。
おススメである。

写真は、2016/2/23の記事のものをそのまま流用してあります。(手抜き)