という程大袈裟なものではないが、最近はホラー映画ばかり観ている。
俺はamazonのプライム会員なので、プライム特典の一つとして、映画などを無料で観られるのだ。

150852_01
エスター
ジャケットに惹かれるものがないので観るのを避けていたのだが、無料なので観てみた。
マイキーのような「悪ガキホラー」なのだが、ただの「子供が次々と殺人を犯していく」という単純な内容ではない。
肉体的な暴力だけではなく精神的な暴力も上手いエスターだが、話が進んで行くとその秘密も明らかになる。
期待以上の面白さだった。

155239_01
ファイナル・デッドブリッジ
ファイナル・デスティネーションシリーズの5作目で、シリーズ最終作。
「予知夢で死を免れた主人公たちだが、死の運命には逆らえず、本来死ぬはずだった順番通りに死んでいく。死の運命に逆らって生き延びることはできるのだろうか?」
というシリーズを通しての設定は引き継がれていて、ソウに匹敵するほどのグロい死に方は健在だが、ソウのような気が滅入るようなグロではなく、爽やか系のグロさ。
このシリーズにおいては、5作目ともなるとパズルのような謎解きの要素は重要ではなくなる。
どれだけグロい死に方をするか?が重要なのだ。
殺人鬼のような非日常ではなく、日常にありそうなシチュエーションで死んでいくので、感情移入(?)しやすいかも。

168450_012
悪魔のいけにえ
この作品は過去にも一度観ている。
今時のCGてんこ盛りの過激なホラー/スプラッターに比べると物足りないが、名作と言われるだけあって今でも十分通用する映画だと思う。
グロいシーンは少なめなので、オーメン辺りが大丈夫な人なら耐えられるだろう。
チェーンソーを持ったレザーフェイスに追いかけ回されるシーンは怖い。

161256_012
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
悪魔のいけにえの正当な続編。(悪魔のいけにえ2は?)
物語は、悪魔のいけにえのダイジェスト→ラストシーンから続いて始まる。
終盤で、主人公のヘザーがある事実を知った事がきっかけで、観ている方の視点というか感情が入れ替わってしまう・・・
レザーフェイスの描き方には賛否両論あるようだが、俺はそれほどの思い入れはないので素直に楽しめた。
事が済んで家に戻った後のシーンでは、感動にも似た感情が湧いてくる。
ヘヴィなだけのホラーとはちょっと違う。

ここでは、ネタバレすると悪いので詳しい内容は書けないが、後日ホームページの方でレビューを書こうと思う。