今現在、通話とショートメール(以下SMS)はauのガラケー、インターネットやEメールはmineoのデータSIMと、2台(正確には3台)で運用している。
他人との連絡はSMSで済ませる事が多いのだが、最近は専らスマホの方からSMSを送受信している。
ガラケーでは文字を打つのが面倒なのだ。

しかし、友人知人に登録してもらっているのはガラケーの番号なので、データSIMの番号でメールを送っても、相手の端末には当然俺の名前は出てこない。
名乗らずにうっかりメールを送信してしまうと、「あんた誰?」「あ、ごめん。をやまんだけど」となる事も多い。
だからと言って、毎回メール本文の後に名前を入れるのは忘れる事もあるしメンドクサイ。
署名を入れる設定ができれば楽チンなのだが、デフォルトのSMSアプリにはそんな便利な機能は付いていない。

そこで、便利で使いやすいSMSアプリを探してみた。
条件は、
1.署名を入れることができる(連絡相手によって個別に設定を変えられる)
2.長文になってしまった場合でも自動で分割送信してくれる
3.複数の連絡先に同時送信可能

の3点。
試してみたのは、ハングアウトメッセンジャーTextra SMSEvolveSMS (Text Messaging)

ハングアウト
unnamed2Googleのメッセンジャーアプリで、Android端末にはデフォルトでインストールされているらしく、LINEのライバル的存在。
LINEとの最大の違いは、紐づけされているのが電話番号なのかアカウントなのか。
LINEは電話番号に紐づけされているので、1つの端末に対して1つのアカウント。
なので、複数のアカウントを持つことはできない。
機種変更時などもちょっと面倒だと聞く。(LINEはやらないのでわからないが)
ハングアウトの方はGoogleアカウントに紐づけされているので、アカウントさえあれば複数の端末で同一のチャットや通話が可能で、同時に複数のアカウントも持てるので、プライベートと仕事など使い分けも可能となっている。
機種変更時でも面倒な設定はいらない。
他のGoogleサービスとも連携している。

で、肝心のSMS機能についてだが、ちょっと使いづらいかな~という印象。
何よりも、上記の3以外の条件を満たしていないので却下・・・
したのだが、緊急時に備えて通話だけはできるようにしておいた。

メッセンジャー
unnamedこちらもGoogle製で、ハングアウトの機能を簡素化してSMS/MMSに特化したアプリ。
UIもシンプルで使いやすいのだが、機能もシンプル。
設定項目が少なく、このアプリもハングアウトと同じく、3以外の条件を満たしていないので却下。







Textra SMS
unnamedC1T1MAX7外国製のアプリ。
マレーシアだろうか?
メニューは基本英語なのだが、設定項目の一部だけ日本語という中途半端な状態になっている。

英語が読めないながらも、設定から長文自動分割の項目を見つけ出し、テスト送信を繰り返して複数同時送信が可能なことを確認。
UIもシンプルで見やすく、配色もいい感じなだけに、署名の設定ができないのが残念でならない・・・

と思ったのだが、未練タラタラで設定項目を眺めていたら、Signaturesという単語を見つけた。
調べてみたら、署名やサインといった意味らしい。ヤッタ!!
更に弄りまわしていたら、個別に署名の設定を変えられることも発見した。
3つの条件を満たしている。

EvolveSMS (Text Messaging)
unnamedZI31BSBTこちらも外国製だが、日本語対応なので設定には困らない。
長文自動分割可能で、複数同時送信も可能。
ただ、署名の設定はできるのだが、個別の設定はできないようだ。









というわけで、Txtra SMSかEvolveSMSかの2つに絞られたが、最終的にはTxtra SMSをメインで使う事にした。
Screenshot_2017-01-21-10-01-56
こんな感じの色使いで、ダーク基調なので目に優しい。
が、背景や吹き出しの色、形などはカスタマイズ可能。