数ヵ月前に、居間でテレビを見ながらチャートを眺める専用に、中古のノートパソコンを買った。
東芝のダイナブックで、メモリは4Gを搭載。

ブラウザはchromeを使っているが、chromeは長時間開きっ放しだとメモリの消費量が増えていく仕様のようで、タブを何枚も開いていると顕著になる。
放っておくと、メモリの使用率は60%近くにもなり、そうなるとスワップが発生して極端に動作が遅くなる。
暫くそのまま使っていたがどうにも我慢ができなくなくなり、メモリの容量を増やす決断をした。

D750_180404_095022
TeamというメーカーのノートPC用メモリで、SO-DIMM-DDR3 1333MHz PC3-10600 1.5V 4GBx2というスペック。
D750_180404_095123
裏面の中央にある蓋を開けると・・・
D750_180404_095555
2枚入っているメモリを引き抜くのだが、少しばかり抜きづらい。
爪などを折らないように気を付けながら引き抜き、新しいものと入れ替える。
D750_180404_100104
完了。

メモリ
メモリ交換前は空きが殆ど無かったが、交換後はこの通り。
メモリ2
左から2番目の36(%)がメモリの使用率。
交換前は50~60だったが、かなり減っている。
以前と同じ使い方をしても、最高で40を超えるか超えないか、といった所で落ち着いている。

今の所は、クリックの度に何秒も待たされてイライラ・・・といった事は無くなって満足。
ノートPCのメモリ交換は初めてだったが、思ったよりも簡単だった。
おススメ。