先月、あやめの体にノミを発見した。
早速フロントラインを塗布したところ、一応殲滅には成功したようだ。
掃除をサボっていたのも原因の一因だと思い、以前よりも掃除機をかける回数を増やしたが、今使っている掃除機はどうも使いづらい。
そこで、コードレスのスティック式の掃除機を購入。
IMG_0714
日立 パワーブーストサイクロン PV-BD700 N(メーカーサイトへ)

バッテリー式なので稼働時間は少ない。
標準で30分、強で8分との事。

以前の掃除機は強弱の調整がなく、常にフルパワー。
自走式のヘッドでもない。
なので、薄いラグなんかはヘッドに吸い込まれてクシャクシャになってしまう。
これはかなりのストレスだったのだが、こいつは自走式のヘッドなのでラグを吸い込むことなく軽く往復させられる。
これだけでも買った価値はあるというものだ。

標準でも、散らかった紙製の猫砂くらいは吸い込めるし、ヘッド前方のLEDライトも地味に便利だ。
片手でパイプ長を調整できるのも良い。
自立もするし、「充電スタンドに立てて充電」といういのも非常に楽チンだ。
使う度に本体からアダプタープラグの抜き差しをしなくてもいいのだ。

ただ、片手で持ち上げてみると思ったよりも重たいという印象。
でも、床を掃除する分には重さを感じないし、片手で持ち上げながら掃除をするなんてシチュエーションは思い浮かばない。
持ち上げて使うときは両手を使うだろう。

強で8分と稼働時間は少ないが、常に強で運転するはずもない。
標準で30分もあれば俺の使い方では問題ない。
そこでメーカーにお願いする。
運転スイッチを入れた時のデフォルトを「標準」にしてもらいたい!
強スタートだと二度押しが面倒なのだ。