母親の金銭トラブルによって、M子様との婚約が延期になっているKさん。
報道を見る限り、このKさん親子は好きになれない。

相手が「返済しなくてもいい」と明言していない限り、返済してほしいと言われたら返そうとするのは当たり前なのではないのか?
月1~2万円しか返済できないのなら、それだけでも返して行けばいいのだ。
その場合、元婚約者が生きている間の全額回収は無理になるが、回収額ゼロよりはマシだ。

そもそも、返済するつもりで生活費なり学費なりを援助してもらうものではないのか?
返す返さないは、援助する側が決める事だと思うのだが。
初めから返済するつもりは無く、タカるだけタカって乞〇よりも質が悪いクズ親子。
元婚約者の事は、控えめに言っても「いい金づる」としか考えてなかったのだろう。

例え、法的に返済の必要はなく表面上は解決したとしても、A宮様はおろか、国民は誰一人として祝福できないだろう。
Kさんから婚約を辞退するのが一番丸く収まるのではないか?

元婚約者を擁護するつもりは無いが、当初は結婚まで考えて純粋な気持ちで援助したであろうが、「金返せ」と言わせるほどのクズ親子だったんだろうな、と想像する。

M子様が憐れである。