ヘッドライトのバルブをHID化した。
純正と同じ4300Kにした。
中国製の安物なので、品質や耐久性はどうだろうか?

IMG_0731
このままでは作業がしづらいので、ウォッシャータンクを留めてあるプッシュリベットを外し、注入管を引き抜く。
IMG_0732
助手席側は、エアクリーナーの吸入口を外す。
それでも、手がやっと入る位のスペースしか確保できない。

バルブ裏の防水カバーを外し、車両側のプラスとマイナスの線を切断。
そして、バラストに接続するための平型端子を取り付ける。
IMG_0733
元に戻す事も考慮して、ライト側のマイナス線にも平型端子のオスを取り付けた。これでいつでもハロゲンに戻せるのだ。

とりあえず配線を済ませ、空焼きで脂分などを飛ばしてしまう。
点灯確認も兼ねている。
IMG_0734
IMG_0735
分かりづらいが、左右で色が違う・・・
運転席側は青白く、助手席側は白い。
安物だから仕方ないか・・・
でも、あまり違い過ぎると車検に通らない・・・

IMG_0736
HIDバーナーを通すために穴を広げなければならない。
ステップドリルの目盛りで24mmほどで良いようだ。

そして、バーナーを取り付けて完成なのだが、バルブ固定用のスプリングが上手く留まらず、少し手こずる。
と言うか、助手席側はかなり手こずる。
作業スペースが確保できない上に、バーナーのお尻部分の太さに対してスプリングの幅が小さいので、スプリングを多少曲げてやる必要があるのだ。
ヘッドライトを外して作業をすればいいのだが、バンパーを外す必要があり、とっても面倒・・・
そこまでの気力はない。
何とか強引に取り付けたが、しっかり嵌っているのか・・・?
グラつきは無いので大丈夫だと思うが・・・
IMG_0737
IMG_0738

無題
純正ハロゲンだと↑のようにカットラインが揃っていたのだが、HIDに交換したら光軸がメチャクチャになってしまった。
調整しないと対向車に迷惑だ。
D75_2521
D75_2524
光軸がメチャクチャなので参考にならないが、かなり明るくなったのは確かだ。
配光のムラが目立つが、光軸を調整すればマシになるだろうか?

と、苦労してHID化したのだが、やはり純正HIDのような綺麗な照射には程遠く、毎回ライトONで片目になるのにウンザリ。
リレーで解決しそうだが、何だかな~という感じだ。
明るければ良いってもんではないのだ。
なのでHID化は諦め、今度はハロゲンの4300Kを入れるつもりだ。
4300K近辺のハロゲンにして、純正HIDに匹敵する程度の見やすさになれば万々歳。
ダメなら純正ハロゲンに戻すだけだ。
ライト側の配線を元に戻せるようにしておいて良かった・・・