レイが家に来てからは、あやめが完全拒否体制だった。
なので、暫く部屋を別にして匂い交換をしながら、徐々に慣らす作戦をとっていた。
一週間以上経ち、部屋を行き来できる時間を徐々に増やしていったが、同じ部屋にいても無条件で攻撃や逃亡をすることが少なくなってきた。
IMG_0807
IMG_0810
IMG_0811
IMG_0812IMG_0813
IMG_0815
IMG_0816
IMG_0817

自分の縄張りに居ることを許し始めてきたような感じ。
このままお互いの存在を認めて穏便に過ごせるようになればいいのだが、レイあやめにちょっかいを出して挑発する。
その度に、威嚇と共に強烈な猫パンチを食らって追いかけられているのだが、何回、何十回と同じことを繰り返している。
あやめが態度を軟化させているのだから「もう少し空気を読んでくれよ」と思いながら、冷や冷やしながら見ている。