暫くジェットを被っていたが、十数年ぶりにフルフェイスを買い足した。
去年辺りから冬用にと買い足しを考えていたのだが、アストロGXの発売の噂を聞き、様子を見ていたのだ。
しかし、買ったのはSHOEIのZ-7。
Z-8の発売が目前で今更感が半端ないが、とにかくZ-7を買ったのだ。
しかもSHOEI。
Arai派の俺がなぜにSHOEIを?

SHOEIのヘルメットは、以前はぼってりした感じ(個人的なイメージ)、最近のは横から見ると前後に長くて非常にカッコ悪い(個人的感想)ので敬遠していたのだ。
が、タイヤ交換を待っている間にZ-7の実物を見る機会があったのだが、第一印象は「思ったより小さい」というものだった。
前後の長さも、他のモデルに比べても気にならない程度。
しかも軽いという。
それ以来気になっていたのだが、先日発表されたアストロGXのガッカリ感が後押しになって購入に至った訳なのだ。

D75_2765
購入時にフィッティングサービスを受け、頭の前後にスポンジを追加、チークパッドを薄いものに交換(有料)してもらった。
また、初SHOEIなので、スモークシールドに交換がてら、ピンロックの装着方法や内装の外し方なども教えてもらった。
D75_2762
他のモデルに比べて、後ろ頭のでっぱりは控えめ。
D75_2763
D75_2764

SZ-RAM4と比べてだが、被る時の窮屈さは変わらないが、脱ぐ時はZ-7の方がスムーズだ。
SZ-RAM4は耳が引っかかって千切れそうになるが、Z-7は耳が引っかからない。
この違いは大きい。
内装も、Z-7の方がソフトに感じる。
また、フルフェイスにしては重さも気にならない・・・というか、SZ-RAM4よりも若干軽く感じる。
SZ-RAM4 1,450gに対してZ-7 1,358gと、実際にも軽いようだ。

巷ではアライ頭、ショウエイ頭などと言われていて、アライしか被ったことがない俺は少々不安であったが、実際にはどちらのフィット感も同じようなもの。
フィッティングサービスのお陰もあってか、とてもいい感じの被り心地だ。
アライ派を自任していた俺は、ただの食わず嫌いだったのだ。
後ろ頭のでっぱりさえなければSHOEIも悪くないな。

後は、実際に走行してみてどうか?
次回のツーリングで試してみようと思う。

D75_2767

4/21追記
本日、高速を使ったツーリングで初使用。
ジェット(SZ-Ram4)との比較。
当然ジェットよりも風切り音は少ないが、それなりにうるさい。
ただ、聴くだけブルートゥースの音量に関しては、SZ-Ram4では最大音量まで上げてもやっと聞こえる程度だったが、Z-7ではデフォルトの音量でも十分聞こえた。
また、SZ-Ram4ではエンジン音まで聞こえていたが、Z-7ではマフラーの籠った音しか聞こえてこない。
高音域がシャットアウトされている感じ。
スクリーンから顔を上げても、車線変更時に横を向いても、変に頭が持ってかれるようなことも無く、空力に関しても申し分ない。
軽さのお陰か、いつもより肩の凝りというか疲労感は少ないようにも感じた。
以上、法定速度+αの速度域での簡単なレビューだが、思っていたよりも優秀なヘルメットだ。
季節でジェットとフルフェイスを使い分ける予定でいたが、真夏の暑ささえ耐えられればレギュラー入り決定かも。