愛車のラフェスタ、もう10万キロ超えなので、足回りのプチリフレッシュを予定していた。
でも純正は高いから社外品にしようかな?

社外品にするならバネも交換して車高も落とそう

車高を落とすならホイールも社外品に・・・
という流れで、一気にローダウンとホイール交換となった。

ダンパー
 KYB NEW SR SPECIAL
スプリング
 RS★R DOWN
ホイール
 TMW AVANTY 17×7J +48
タイヤ
 FALKEN ZIEX ZE914F 215/50R17 91W
他に、フロントアッパーマウント、サポートベアリング、スプリングシート、リアアッパーマウント、スプリングシートも交換。

KYB NEW SR SPECIAL / RS★R DOWN
DSCN0055
DSCN0056
DSCN0045_1
前後ともアッパーマウントとスプリングシートも新品に交換。
フロントアッパーは純正互換、他はメーカー純正。
純正と比べて多少ゴツゴツしてるように感じるが、街乗り程度では乗り心地は全然悪くない。
ただ、多少の異音が出るので、それは気になる。
社外品で車高も落とすとなると仕方がないのだが・・・

TMW アヴァンティ
DSCN0054_1
DSCN0053_1
中古なのでシミやアルミの腐食が見られるが、新品は入手できないので仕方ない。
今どきのホイールは深リムの選択肢が非常に少ないのでとても貴重だ。
オフセットは+48。
外に11.7mm、内に13.7mm広がる計算だが、ハンドルフルロックではタイヤハウスに干渉する。
DSCN0050_1
5mmのスペーサーを二枚重ねで試してみたが、10mm外に出せばタイヤハウスへの干渉は解消されるっぽい。
あと10mmならギリギリ外に出せそうだ。
ただしタイヤのサイドウォールが大幅にはみ出るので、205/50で気持ち引っ張り気味にすれば良いだろう。
やはり内側に13mmも引っ込めるのは無茶だったようだ。
DSCN0052_1
リアは余裕。

FALKEN ZIEX ZE914F
DSCN0040_1
21年21週製造。
扁平率が50%だからか、乗り心地は悪くない。

DSCN0048_1
ダウン量は、フロント約25mm、リアは10mm位か?
フロントはほぼカタログ通りだが、リアは余り下がっていない。
スプリングシートがヘタってくればもう少し下がるだろう。

18インチでタイヤも45か40にすれば見た目的にも良くなると思うのだが、17インチでも出足がモッサリした感じになったので、これ以上のインチアップは不満が出そうだ。
何しろ、車が非力なのだ。
それに、ホイールは大きくて立派なのにブレーキがショボい・・・というのは非常にカッコ悪い。
指を差されて大笑いされても文句を言えないほどのカッコ悪さだ。
リアはドラム式だし・・・
一見するとノーマル、というのがさり気なくて良いと思うのだ。